賃貸暮らしの私がリフォームした部屋を見て感じた事

賃貸暮らしの人が感じるリフォームについて思うことを書いてみました。

我が家は転勤族です。
その為現在は賃貸物件での生活を送っています。

主人と結婚をしてから現在まで、子どもたちも幼いと言う事で転勤が決まる度に家族で移動すると言う生活を送っていますが、子どもたちの成長と共に引っ越しをする事が難しくなるのではないかと考えています。

子どもたちには子どもたちの世界が出来ていく中で、親の都合で引っ越しを経験させるのはとても心苦しい事です。その為いつかはどこかの土地で落ち着かなくてはいけないと思っています。

現在我が家は賃貸マンションで生活をしています。

マンションと言う事で造りもしっかりとしているのですが、築年数は経っているマンションの為、リフォームを行っている部屋も沢山あるようです。

私も主人も実家は一戸建ての為、マンション購入は少し消極的な考えがあったのですが、実際にマンションでの生活をしてみると、中古マンションを購入して、必要な個所をリフォームして生活をすると言う事も良いかもしれないと思うようになってきました。

同じマンションの中でリフォームをした部屋はオープンハウスとして展示されている時があったのですが、元々同じ造りだとは思えないくらいの変化を遂げています。

そのご家庭に合わせた部屋の造りになっており、子どもたちが成長しても個々のプライベートを持つ事が可能となっていました。

それらの事を考えると一戸建てや新築にこだわる必要はないのだと感じるようになってきました。

今後、マイホームの購入を本格的に考えるようになった時には、これらの事を頭において考えていきたいと思っています。