マンションやアパートなどリフォームの境界線とは?(集合住宅の境界)

図面

マンションのリフォームを行う際、どこまでを対象にできるのか気になると思います。

共有部分と専有部分があるマンションならではの問題ですが、一般的なケースでは専有部分の内部空間だけが改修できる範囲となります。

玄関ドアや外部に面した窓、バルコニーやベランダなどは専有部分に付随した格好となっていますが共有部分となっているのです。

ただし、マンションは管理組合によって管理されていますので、マンションによって管理規約が異なるために自由度が高い場合もありますので、計画前に確認することが大切です。

管理規約では思いもつかない内容が定められている場合がありますので、トラブルを避けるには事前に確認することが大切なのです。

専有部分と共有部分の境界線で外部に面している壁面に手を加えられない理由は、構造上重要な耐力壁があることも理由になっています。

耐力壁は構造によっては内部にもある場合がありますので、その場合には当然手を加えることはできないのです。

構造上重要な部分のため、撤去すると危険なばかりか建物全体の強度に関わってきますので絶対に避ける必要があります。

もちろん構造によって異なるものですが、主に壁式構造では耐力壁がありますが、ラーメン構造には耐力壁がありませんのでリフォームの自由度は高くなります。

マンションのリフォームでは、管理規約によって床の素材に制限がある場合があります。

上下階への騒音が関わってきますので確実に守る必要があると言えます。

不動産を売るときのリフォームの知識

リフォーム費用

不動産を売るときにリフォームしてキレイにした方が良いかといえば、そうではないようです。

なぜでしょうか。

それは、リフォームに費やした費用を売却価格に上乗せして売ろうとするからです。

キレイにした。それでも安く売った。

ならば、早く売れるでしょう。

でも、リフォームにお金がかかると、その分上乗せしなければ元がとれません。

というわけで、リフォームしたからって良いとは限らないのです。

むしろリフォームせずに安く売る方が良い場合もあるのです。

このあたりの知識は、当サイトでは深く触れません。
売却時のリフォームに興味のある方は以下のサイトを参考にすると良いでしょう。

参考サイト:不動産売却・査定.com